胃腸科・乳腺科・内科・外科・糖尿病内科
内分泌内科(三重県津市久居)

お問い合わせ・予約窓口 059-259-0808
診察方針 医師紹介 クリニックご案内 院内風景 施設紹介 お知らせ
06 設備紹介
ハイビジョン電子内視鏡(胃カメラ)

現在もっともきれいに胃が観察できる胃内視鏡です。口から入れるタイプとともに、痛みや吐き気の少ない「鼻から入れる」経鼻内視鏡も導入し、患者さんの負担を大きく軽減しています。


マンモグラフィー(デジタル乳房X線撮影装置)

乳がんの初期症状のひとつである石灰化などを発見できる大変すぐれた検査機器です。当院では、最新型のマンモグラフィを導入し、従来よりも痛みが少なく早く検査ができるようになっております。

エコー(デジタル超音波診断装置)

エコー装置(超音波検査装置)は、対象に当てて反射した超音波を受信して画像データとして処理する検査器です。産婦人科での胎児のエコー検査がいちばんよく知られているかと思いますが、固い骨に囲まれている頭蓋のような部分を除けば、ほとんどの部分をエコー検査で調べることができます。

デジタルレントゲンシステム

デジタルX線
テレビ診断装置

白いバリウムを使って、胃透視、注腸透視をする機器です。

デジタルX線
画像診断システム

レントゲン装置で撮った画像をコンピューター処理して記録します。

当院では最新型のデジタルレントゲンシステムを導入し、正確かつ迅速な検査・診断に役立てています。

デジタル画像
ファイリングシステム

患者さんの検査データをすべて記録して一括管理ができるので、データの呼び出しや保存がたいへんスムーズになります。

高周波メス「サージトロン」

従来から使われている電気メスよりも、はるかに高密度、かつ高い周波数で切開・凝固する、最新型の高周波メス「サージトロン」。安全性が高いうえに、施術時の痛みも少なく、跡が残りにくいのが特長。当院ではこのサージトロンを使ったホクロ・イボの切除治療を行なっています。